正式には「上腕二頭筋腱長頭腱炎」

治療法
初期の場合はアイシング、炎症がある程度おさまってきたら温熱療法電気療法ストレッチ、筋力強化訓練などを指導します。患部を直接触るより、痛みのある周りからアプローチをしていきます。



正式には「腱板損傷」

治療法
もともと回旋筋腱板(ローテーターカフ)は血行が悪く、完全断裂などを起こしている場合だと手術をしないといけない場合がありますが、部分断裂など軽度な場合は肩甲骨・肩関節の動きを取ることで動き、痛みは改善してきます。くじらでは電気療法ハイボルト、肩を使った後だとアイシングなどをしながら様子を見ます。



治療法

まず、日常的に物を持ったりせず、出来るだけ腕にかかる負担をなくすようにして下さい。三角巾などで腕を吊るのも有効的です。また筋肉が固まっているので、筋肉を動かすようにハイボルト中周波を当て筋肉を動かしたり、 ストレッチ手技療法を用います。
※この傷病は保険適用外になることがあります。



正式には「頸椎椎間板ヘルニア」

治療法
ヘルニアと言ってもヘルニアで痛みが出るという事は少なく、ヘルニアがあるため周りの筋肉が緊張したりというのも多いです。その場合は電気療法手技療法鍼灸治療などで治療していきます。
※この傷病は保険適用外になることがあります。



治療法

まずは周りの筋肉が過緊張を起こしているため、くじらでは最初の方はハイボルトを使い、筋肉の深部の方までアプローチしていきます。

症状が日によっても差が激しい場合もあるためその日の状態を見て

手技療法・温熱療法・電気療法など施術内容も変えていきます。



治療法

首の筋肉が炎症している状態ですのであまり動かさずに、安静にします。あまりにも症状がひどく、炎症が起きている場合などは患部を冷やします。くじらではハイボルト等を使って施術していきます。その後、炎症が治まってきたら手技療法、電気療法、首のストレッチカイロなどで症状の改善を図ります。



〒816-0932
福岡県大野城市瓦田4-11-31
TEL : 092-404-0015
 朝 9 : 00 〜  夜 22 : 00まで

このページの先頭へ
このページの先頭へ